社員インタビュー

Member Interview 03

コーディネーターの見本になれるよう、自らチャレンジし実践する。教えた事をコーディネーターができるようになることが一番うれしいです。

松本 梓Matsumoto Azusa

関西第二ブロック / エリアトレーナー

大学を卒業し、2006年 からLIXILショールーム南港でコーディネーター職を6年経験。
その後、LIXILショールーム南港・LIXILショールーム大阪でチーフに着任。現在は関西第二ブロックのエリアトレーナーとして、神戸・姫路・南港・堺ショールームを担当。

1日の仕事の流れを教えてください

  • 10:00頃

    コーディネーターとお客さまをお出迎えし、接客開始前に、お客さまのご要望をどのようにヒアリングしているのかチェック!

    コーディネーターとお客さまをお出迎えし、接客開始前に、お客さまのご要望をどのようにヒアリングしているのかチェック!

  • 11:00頃

    ショールームマネージャーと、実績の進捗や、ショールームの課題について打ち合わせ。

    ショールームマネージャーと、実績の進捗や、ショールームの課題について打ち合わせ。

  • 14:00頃

    予約なしのお客さまが増える時間帯は、自ら接客に。推進中の接客の流れに改善点は無いか、実践の中で確認中。

    予約なしのお客さまが増える時間帯は、自ら接客に。
    推進中の接客の流れに改善点は無いか、実践の中で確認中。

  • 16:00頃

    新人コーディネーターの教育もロールプレイングを通してアドバイス。新人教育のフォローも万全!

    新人コーディネーターの教育もロールプレイングを通してアドバイス。新人教育のフォローも万全!

  • 18:00頃

    推進しているサービスについて勉強会を実施。見本を見せたり、実際に困っているところをヒアリング。次の改善に繋げます。

    推進しているサービスについて勉強会を実施。見本を見せたり、実際に困っているところをヒアリング。次の改善に繋げます。

仕事内容について教えてください

ご来場いただいた全てのお客さまに満足していただけるよう、コーディネーターの接客スキル・サービスの質の向上・LIXILのブランド力を広める事が私のミッションです。
それを実現するために、自らチャレンジし、実体験を元にコーディネーターへレクチャーをします。
具体的には、今はニーズの増えているリフォームのお客さまの対応強化です。リフォームをお考えのお客さまは、現状の設備に不満があったり、使い勝手をもっと良くしたいとお考えなので、どのコーディネーターが接客しても、しっかりとヒアリングし、お客さまのご要望やご事情に沿ったベストな提案ができるように教育しています。
また、当日お客さまと打ち合わせをした内容をシミュレーションし、お見積書とプレゼンボードをお持ち帰りいただくサービスを推進しています。

現在の課題・今後の目標

一人のお客さまを大切にしたい反面、たくさんのお客さまにLIXILの良い商品とサービスを知っていただきたい。
そのためには、短時間の接客でもお客さまに満足していただけるような接客スキルと専門知識の強化が必要だと考えています。
そこで、自身が接客を行なう中で課題を見つけ、試行錯誤し、課題をクリアする事で、コーディネーターに実践的なトレーニング材料として提供できると思っています。
コーディネーターの目線に立って、本部の方針や施策に納得感を持ってもらえるような存在、ショールームに対して影響力のある存在になる事が目指す姿であり、目標です。

休日の過ごし方

ゴルフをすることがとても好きです。
平日お休みということもあって、お得に趣味を満喫しています!
青空の下、自然を感じられる環境で思いっきりボールが飛ぶととても気持ち良いです。写真はハワイでゴルフをしたときのものです。
思いっきり仕事をして、思いっきり息抜きをすることが私のモットーです。