• TOP
  • 福利厚生 & 制度紹介

Welfare & System

あたらしいはたらき方を見据えた
さまざまな取り組み

心身ともに健康で、また多様性あるはたらき方を実現するための取り組み、SMILE Styleを意識した制度や、福利厚生の充実をはかる動きを進化させています。キャリア形成の支援やワークライフバランスの実現、現場の声を反映した改善を継続することによって、社員のみなさんが充実感を持ってはたらける、最適な環境の提供を目指します。

1

ワークライフバランス

Remo_cco

退職したショールームコーディネーターを組織し、在宅で全国のショールームから見積もりを請け負う外注サービスとして、アデコが運営しています。元コーディネーターたちがこれまで培ったスキルを活かして活躍しているほか、復職を視野に入れた方のスキル維持にも役立っており、多様なはたらき方を叶える一つの形です。

SMILE休暇

法律で義務化された5日間の年次有給休暇をSMILE休暇とし、誰もが取得しやすい環境を整えています。外部の福利厚生サービスと提携し、宿泊施設やエンターテインメントのチケットなどを優待価格で利用することが可能です。休暇によるリフレッシュが、仕事への新たな活力になることを期待しています。

業務効率化促進

見積を行うRemo_ccoや、お客さま宛にプラン等の発送を担当するLSSといった外注システムを積極的に活用し、残業時間の削減を進めています。外注を促進することでショールームコーディネーターの負担が減ることはもちろん、接客に集中しやすくなるといったメリットも生まれています。

サークル活動

仲間同士の交流や休日のリフレッシュを兼ね、趣味や特技を持つ社員たちがランニングや山歩き、芸術活動等、さまざまなジャンルのサークルを結成して活動しています。公認サークルは1年ごとの申請制となっており、認められると部費が支給され、年に2回の活動報告が義務付けられます。

2

キャリア形成

SMILE制度

全国約1500名のコーディネーターから、毎年3名のスペシャルコーディネーターを選抜しています。特別な研修を受けたスペシャルコーディネーターは、新卒向けの研修や社内向けの動画等、さまざま場面に登場し、また独自の発信を行って、象徴的な存在としてショールームを引っ張っていく活動を行います。

パラレルキャリア

社員個々のキャリア形成のため、副業等への挑戦を応援しています。社外で知見を広げることは、多様性を認め合う力をつけるためにも有効です。個性を活かした活動をすることで個人の成長意欲を満たし、また得られた経験を本業に結びつけることで己の市場価値が向上し、豊かな人生を築くことにもつながります。

La Chic

社会環境の変化が進む中でも、社員に充実した毎日を送ってもらえるよう、心・美・体をテーマにしたオンラインのプログラムを提供。“La Chic”はフランス語で上品な様、洗練された様という意味。週に2日の開催でフィットネスや一般常識、さまざまなジャンルの講師を招いたセミナーなど、誰でも自由に参加・受講することが可能です。

キャリアディスカッション

定期的に上長と面談を行い、キャリアの方向性について個別に話し合いを行っています。コーディネーターとしてスペシャリストを目指すのか、あるいはマネジメントへと進んでいくのか等、さまざまな将来の選択肢について希望を述べ、上長からは必要な資質についてのアドバイスを受けることができます。

3

改善アクション

エンゲージメントサーベイ

月に一度、社員のエンゲージメント(仕事や組織に対する愛着等)を高め、はたらきがいのある会社へと進化していくための、エンゲージメントサーベイを実施しています。マネージャー層は毎月のスコアを見ながら、改善策を考えたり、コーディネーターとディスカッションを行っています。

エリア活動報告

エンゲージメントサーベイの結果や、寄せられたコメントに基づいた、改善アクションを行っています。エリアマネージャー主導でショールームごとに課題改善に取り組み、またその内容を全国に向けて報告し、自分たちでより良いショールームを作り上げていこうという、主体的な動きを生み出しています。

開花だより

来館いただいたお客さまのアンケートで高い評価をいただくと、お客さまの希望を叶え、笑顔の花が咲いた証である“開花だより”として、コーディネーターにコメントを届けています。接客を担当したコーディネーターにとって、開花だよりをいただくことが、仕事への大きな励みになっています。また集まった開花だより1万通につき1本の桜の木を、毎年宮城県の南三陸町にある「海が見える命の森」へと寄贈・植樹しています。

Entry お客さまの笑顔のために

私たちはプロとして、お客さまの暮らしを真剣に考え、
そして寄り添いながら向き合い続けます。